短時間で驚くほど実践的ビジネススキルが身につくビジネススクール 格安セミナー料でわかりやすい講師 評判の東京ビジネススクール㈱

最新・子会社・関連会社をめぐる税務の基礎知識

最新・子会社・関連会社をめぐる税務の基礎知識



★★★★★★★★→ 参加お申し込み ←★★★★★★★★


◎講 師:税理士・社会保険労務士 小泉 薫 氏 ( 講師 紹介を参照してください。)

◎日 時:2018年9月6日(木)午後1:10~午後5:00 (受付開始は1時からになります)

◎場 所:厚生会館 会議室 千代田区平河町1-5-9
 (有楽町線麹町駅 下車1番出口徒歩1分)
 電話 03-3264-1241
      
会場案内URL⇒⇒⇒ http://dobokukenchiku-kouseikai.or.jp/kousei/

◎受講料:早期入金割引価格 20,806(消費税と資料代を含みます) 

◎注意:但し、8月20日午後3時までに入金を完了する方に限ります。

◎早期入金期日以降は正規料金の30,806 円になります。

(注意、請求書は申し込み日から3日以内に郵送いたします。)

  • セミナー参加振込銀行口座 三菱UFJ銀行 鷺沼支店
    普通預金 口座番号 0051760
    口座名 東京ビジネススクール株式会社

プログラム



1.グループ法人税制のポイント
(1) 概要(2)完全支配関係とは(3)主な取扱
(4)連結納税制度との関係
2.親子・関連会社間の「資金の貸借」をめぐる税務問題
(1)金銭の無利息・低利貸付(2)通常の利率とは(3)子会社借入に対する担保提供・債務保証
3.親子・関連会社間の「資産の賃貸借」をめぐる税務問題
(1)原則 (2)適正な賃料とは (3)土地の賃貸借 ― 相当な地代と権利金の扱い(4)100%グループ内で寄付金の認定がされた場合の取扱い
4.親子・関連会社間の「資産の売買」をめぐる税務問題
(1)原則 (2)子会社等への低廉・無償譲渡
(3)子会社等からの高額譲受 (4)相互売買による損益出し (5)営業権・株式など、土地以外の資産売買の留意点(6)100%グループ内で寄付金の認定がされた場合(7)100%グループ内での資産の譲渡取引等の取扱い ― 譲渡調整資産とは
5.親子・関連会社間の「営業上の取引」をめぐる税務問題
(1)取引価格 ― 設定方法の検討(2)売上割戻し(リベート) ― 問題とされる場合とは
6.経営指導料、業務委託料、事務代行手数料等をめぐる税務問題
7.親子・関連会社間の「経費の分担」をめぐる税務問題
(1)広告宣伝費(2)交際費(3)寄付金(4)福利厚生費(5)共同賃借事務所等の賃借料
8.子会社等の救済取引をめぐる税務問題
(1)子会社等の整理に伴う損失負担(2)再建のための無利息貸付、債権放棄(3)増資引受け
9.出向・転籍者の人件費負担をめぐる税務問題
(1)出向社員の給与・賞与の取扱い ― 合理的な負担の限度とは、寄付金とされるケースとは
(2)出向役員の給与・賞与の区分と給与負担金の取扱い ― いろいろなケースで検討
(3)退職給与の取扱い ― 出向者の場合、転籍者の場合
10.連結納税制度の必須ポイント~概要、
H22改正による影響、グループ法人単体課税制度との関係等



  • セミナー参加振込銀行口座 三菱UFJ銀行 鷺沼支店
    普通預金 口座番号 0051760


◎入力時のお願い

  • 半角カタカナを使用しないでください。
  • 企業・団体名は略称ではなく正式名でお願いいたします。
  • ご住所はビル名までご入力ください。
  • 「*」のついた項目は、入力必須項目です。未入力ですと送信できないのでご注意ください。
  • 「Eメール」は受信確認メールをお送りするのに必要となります。お間違いのないようご入力ください。
  • 個人情報の取扱いに関して
    「私は貴社の個人情報に関する利用目的を確認、同意の上、申込みをします」
  • 先着順にお申込みを受け付けております。万一、お申込みいただいたセミナーが、満員のため受付を締め切った場合や開催中止の場合には、こちらよりご連絡いたします。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional