短時間で驚くほど実践的ビジネススキルが身につくビジネススクール 格安セミナー料でわかりやすい講師 評判の東京ビジネススクール㈱

4時間でわかる給与計算の実務担当者のための講座

4時間でわかる給与計算の実務担当者のための講座



★★★★★★★★→ 参加お申し込み ←★★★★★★★★


◎講 師:労務コンサルタント 松本健吾 氏 ( 講師 紹介を参照してください。)

◎日 時:2018年10月4日(木)午後1:10~午後5:00 (受付開始は1時からになります)
◎場 所: ◎場 所:厚生会館 会議室  千代田区平河町1-5-9
       電話:03-3264-1241
      (有楽町線麹町駅 下車1番出口徒歩2分)
会場案内URL⇒⇒⇒ http://dobokukenchiku-kouseikai.or.jp/kousei/

◎受講料: 20,804(消費税と資料代を含みます) 
◎注意:但し、9月18日午後3時までに入金を完了する方に限ります。

◎早期入金期日以降は正規料金の30,804 円になります。

(注意、請求書は申し込み日から3日以内に郵送いたします。)

  • セミナー参加振込銀行口座 三菱UFJ銀行 鷺沼支店
    普通預金 口座番号 0051760
    口座名 東京ビジネススクール株式会社

プログラム



1.給与計算の全体像を把握するために
(1)給与計算事務には何があるのか
(2)給与計算は3ステップの流れで行う
(3)給与計算に係る4つの法律グループ
(4)給与支払いには5つのルールがある
(5)支給形態‐月給制にも2種類ある
(6)計算期間(締日)と支払日の関係
2.第1ステップ‐支給額を計算しよう
(1)基本給の性格と諸手当の留意点
(2)最低賃金をチェックする
(3)通勤手当の正しい取扱い方法
(4)基礎となる1時間の単価を計算する
(5)割増賃金率の設定ルール
(6)時間外労働手当が必要か判定する
(7)休日が時間外労働になることがある
(8)労働時間のカウントと端数処理
(9)22時から翌5時は必ず深夜労働
(10)管理職には支払わなくてもよいか
(11)支給額にあるマイナス項目
(12)休暇・休業と有給・無給の関係
(13)時間外労働手当を計算してみよう
3.第2ステップ‐控除額を計算しよう
(1)社会保険の全体像を知っておく
(2)被保険者となる人とならない人違い
(3)健保・厚年の保険料の決定方法
(4)健保・厚年の保険料の徴収方法
(5)健保・厚年の保険料の納付方法
(6)雇用保険料は料率を乗じるのみ
(7)労働保険料の申告納付の手続き
(8)年齢によって徴収をストップする
(9)所得税は源泉徴収制度に行う
(10)扶養控除申告書の扶養人数を数える
(11)源泉所得税の納付のしかた
(12)仮の所得税を年末調整で精算する
(13)住民税は前年所得で計算される
(14)退職した場合の住民税の取扱い
(15)住民税の納付のしかたと納付先
(16)その他の控除は労使協定が必要
4.第3ステップ‐差引支給額を計算しよう
5.賞与と退職金の計算のすすめ方
(1)賞与も退職金も3ステップで計算する
(2)支給対象期間と支給日在籍要件
(3)賞与から控除するときの計算方法
(4)退職金から控除するもの
(5)解雇予告手当の取扱い
6.給与計算の総合演習で総ざらえ


  • セミナー参加振込銀行口座 三菱UFJ銀行 鷺沼支店
    普通預金 口座番号 0051760


◎入力時のお願い

  • 半角カタカナを使用しないでください。
  • 企業・団体名は略称ではなく正式名でお願いいたします。
  • ご住所はビル名までご入力ください。
  • 「*」のついた項目は、入力必須項目です。未入力ですと送信できないのでご注意ください。
  • 「Eメール」は受信確認メールをお送りするのに必要となります。お間違いのないようご入力ください。
  • 個人情報の取扱いに関して
    「私は貴社の個人情報に関する利用目的を確認、同意の上、申込みをします」
  • 先着順にお申込みを受け付けております。万一、お申込みいただいたセミナーが、満員のため受付を締め切った場合や開催中止の場合には、こちらよりご連絡いたします。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional